「なんだか俺、顔臭いかも。」男の加齢臭・ミドル臭ケア方法!

middleodor_care

加齢臭というと、中高年の男性のことで自分には関係がないと思っていませんか?ところが30代でも「ミドル臭」というものがあって、若くても無関係ということでないのです。「加齢臭」も「ミドル臭」も、自分で気付きにくいところが厄介です。

顔が臭いなんて、誰も指摘してくれないので、仕事関係でも影響は大きいですよね? あなたは自分で自分の臭いに気付いていますか?このページでは、ニオイ対策について考えてみましょう。

加齢臭やミドル臭の原因は?

加齢臭の原因とは?

「加齢臭」の原因のおさらいをしましょう。加齢臭の元は「ノネラールというニオイ成分です。その臭いは腐ったチーズやロウソク、古本などのようなニオイです。

40歳を過ぎた頃になると、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が体内に増えてしまうので、このニオイ成分が作られるようになります。若いときにも脂肪酸は出てはいるのですが、男性ホルモンの影響で活性酸素は抑えられていたのですが、加齢とともに男性ホルモンが減ると活性酸素が増えてしまい「ノネラール」が増え、このことで「加齢臭」が発生してしまうのです。

ミドル臭とは?

「ミドル臭」の臭いは、廃油や発酵が進んだバターのような臭いですが、加齢臭とは原因物質が違います。ミドル脂臭の原因物質は「ジアセチル」という成分。汗に含まれる乳酸が、頭皮に常在菌のブドウ球菌により分解されることにより生成されるといわれます。

35~45歳のミドル世代に多いのですが、原因物資である「ジアセチル」は、加齢臭の原因物質「ノネナール」に比べて100倍も広がるといわれる強い悪臭ですから、加齢臭よりも厄介な体臭です。おまけに、主にニオイが分泌されるのが後頭部から分泌されるので本人は気付きにくいのです。

加齢臭・ミドル臭を抑える対策は?

加齢臭の対策は、皮脂の酸化によって発生する「ノネナール」という物質を抑える必要があります。それを抑えるためには、皮脂の酸化を押さえる対策から始めなければなりません。皮脂の酸化を抑えるには、次のようなことに気をつけましょう。

全体としては、両者ともニオイも原因も別なのですが、対策はほとんど同じです。その基本は「皮膚の表面を清潔に保つこと」と「酸化を抑える物質を摂取すること」です。具体的対策としては、以下のようになります。

① 適度な運動をする
② 野菜類を中心とした食生活を送る
③ 正しい洗顔・洗髪をする

運動による対策

運動で汗をかいたら、余計ニオイが悪化するのではないかと思われますが、実際は、元々体温の調節を行うための汗にはニオイがありません。汗には加齢臭の臭いを助長する「よくない汗」と、加齢臭を予防する「良い汗」があるのです。

つまり、顔から加齢臭が出ている男性は、悪い汗をかいている可能性があるというわけです。その前に汗のでき方についておさらいしておきましょう。汗は血液が原料です。血液が汗になるときには、まず血液は「汗腺」に取り込まれ、水分以外のミネラルなどの成分は血液にもどされます。このミネラルの再吸収がスムーズに行われているかによって「汗」の質が分かれます。

本来の汗は、水分だけなのでニオイもなくすぐ蒸発してしまいます。しかし、悪い汗は多くのミネラル分を含んでいるためベタついていて、蒸発しにくくなります。こうした汗はミネラルの再吸収がうまくいっていないため、体内からは多くのミネラルが失われてしまうということにもなります。このミネラルが皮膚についているため、皮膚に常住している常住菌のエサとなり、これが加齢臭の元にもなります。

■良い汗をかける適度な運動

運動はこの良い汗をかくために効果があります。軽く汗をかく適度な運動は、血流を良くし汗腺機能を正常に戻すことができます。ただし、激しい運動では細胞老化の原因である「活性酸素」を作ってしまい、かえって「ノネナール」を増やすことになり逆効果になってしまいます。

あなたに合う適度な運動が体臭予防にもなるのです。運動以外の対策としては、ぬるめのお湯にゆったりと浸かって体を温める事も効果があります。

食生活の改善

肉類が中心となった食生活を和食を中心とした野菜が豊富な食生活に切り替えると効果があるでしょう。また、年齢を重ねるにつれて活性酸素を除去する物質が体内で不足してきますので、体内での酸化を防衛する「抗酸化作用」のある食べ物を積極的に食べるようにするとニオイ対策になるでしょう。

活性酸素は増えすぎると様々な弊害をもたらすもので、加齢臭の他にも老化や生活習慣病との関連も指摘されています。活性酸素が増えるのを防ぐには、抗酸化作用のある食べ物をとると効果があるでしょう。抗酸化作用のある食べ物には、次のようなものがあります。

■ビタミンC

抗ストレス作用を持つホルモンの合成を促進し、強い抗酸化作用も持っています。ピーマン、イチゴ、レモン、アセロラなどの果物、野菜に多く含まれます。

■ビタミンE

強い抗酸化作用を持つビタミンのひとつです。肌細胞などの老化を防止するため、若返りのビタミンとも呼ばれています。あんこうのきも、すじこ、イクラなどに含まれます。

■亜鉛

酸化されやすい細胞を守る働きがあります。肌細胞の修復にも貢献します。かき、ウナギ、牛肉など、肉類、魚類穀物などに多く含まれています。

■抗酸化食品といえばポリフェノール

ポリフェノールは有名なのが赤ワイン、ウーロン茶ポリフェノール、黒豆やナスの皮の紫のアントシアニン、緑茶のカテキンも強力な抗菌と抗酸化効果を持った食品です。また、ポリフェノールは多くの葉にも豊富に含まれています。

加齢臭は加齢によって活性酸素が排出しにくくなっている状態ですから、体の内部に活性酸素を増やさないような食生活を工夫すれば、加齢臭を減らすことも可能でしょう。これらを意識して食べる事でも加齢臭の対策になります。ストレスも上手にコントロールすることなどで汗の臭いを抑えることが可能になります。

すでに発生しているニオイ対策は洗顔!

すでに発生しているニオイケアは「正しい洗顔」で洗い落としましょう!消臭効果のある柿渋エキスや緑茶エキス配合の配合の洗顔料も市販されていますが、ニオイが消えたという口コミも多々あります。

  1. 洗顔前に、充分手を洗いましょう
    顔を洗う手が汚いと、また肌トラブルを起こします。
  2. 洗顔料をしっかりと泡立てましょう
    ネットなど使うとキメの細かい泡が出来上がります。
  3. 円を描くように洗います
    Tゾーンなど皮脂の分泌の多い部分は、よく洗います。耳周りや耳の後などもよく洗います。この部分はTゾーンに並ぶほど皮脂の分泌が多い部分なので、加齢臭の発生源です。
  4. すすぎにはぬるま湯を!
    優しく洗い流します。すすぎは何度もして清潔なタオルで拭きます。

ミドル臭対策は汗に含まれる乳酸の過剰分泌を抑えること!

一方、汗の乳酸がニオイの原因となりますから、乳酸の分泌を抑えことが「ミドル臭」対策になります。その乳酸の過剰分泌が起こる原因は「血行不良」です。

普通、乳酸は激しい運動などでできる物質ですが、ミドル臭がきつい男性は、運動をしていない状態で汗に乳酸が含まれているのです。つまりは、血行不良が原因なのです。血流が悪くなることで血中の酸素濃度が下がり、乳酸が発生しやすくなってしまっているのです。

この汗から出る乳酸を調節できれば、「ミドル臭」を軽減することも可能でしょう。この「血行不良」を起こさないように生活習慣を整えることが、ミドル脂臭予防の一番の対策と予防になります。それにはどうしたらいいでしょうか。

食生活も見直しが必要!

野菜より肉が好きとか油っこい食事が多いとか、ついお酒を飲み過ぎるなど偏った食事をしている人は、血行不良に直結します。すぐに食生活を改善するのは無理だとしても、できるだけ脂っぽくないバランスのいい食事をとることを心がけましょう。

不規則な生活やストレスを改善する!

寝不足や多忙によるストレスなども、血行不良の原因になります。不規則な生活も血行不良の原因となり、それを続けていると様々な病気やトラブルを引き起こす要因にもなります。

血行不良が軽減できれば、乳酸を減らせば髪の毛に常住していブドウ球菌と結びつけないわけですから、「ミドル臭」も軽減できるでしょう。

適度な運動

適度な運動は血行促進に効果があります。運動する時間を取れないという男性でも、出勤の際にひと駅歩いたり、ストレッチ体操しているだけでも血行はよくなるでしょう。

頭皮を清潔にするシャンプー!

血行促進対策しても頭皮を清潔にしなければ汗はたまり、ミドル脂臭が発生することになります。正しいシャンプーをして、頭皮を清潔にすることも大切です。「ミドル臭」の男性がシャンプーをする際「ミドル臭」の皮脂は落ちにくいため、2度洗いをするのが効果的でしょう。

指の腹で頭皮を柔らかにマッサージするように洗います。ミドル臭は後頭部が臭うことが特徴ですから、シャンプーの際には後頭部をしっかり洗うことも大切です。シャンプーは40℃以上のお湯は頭皮に負担を与えてしまったり、皮脂を落としてしまったりします。だいたい38℃くらいのお湯で流しましょう。

  1. まずは素洗い
    まずはお湯だけで頭皮と髪を流します。これで汚れのほとんどは落とせます。シャンプーは、頭皮の汚れをキレイにするイメージで行いましょう。
  2. 次にシャンプー
    シャンプーは軽く泡立ててから使います。シャンプーを直接地肌につけないようにします。地肌への刺激が強すぎてかぶれの原因になってしまいます。シャンプーは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うことが目的です。指の腹を使いマッサージしながら洗いましょう。爪には気をつけましょう。頭皮に傷がつくと、かぶれたり抜け毛の原因にもなります。
  3. 慎重に流ししっかり乾かす!
    シャンプーで洗ったら、しっかりすすぎます。シャンプーが頭皮に残っていても頭皮トラブルの原因になります。シャンプー後はしっかりドライヤーなどで髪の毛を乾かしましょう。濡れたままだと、髪に雑菌が繁殖しやすくなります。頭皮も髪の毛も熱に弱いので、ドライヤーは髪に10cm以上は離した状態で使用しましょう。

まとめ

いかがでしたか。「加齢臭」が厄介なことは、洗顔してもニオイ物質は毎日生成されているということ。ですから食事や運動を含めた内面的対策をしなくてはならないということでした。

適度な運動で良い汗をかく体質にすること。水分だけの汗ではニオイもなく蒸発も早いのです。食生活では抗酸化作用があるビタミン・ミネラル、ポリフェノールが豊富な野菜中心とした食生活にすることです。

現在、加齢臭が顕著な人は、正しい洗顔方法で洗顔をすることなどです。一方、「ミドル臭」は「血行不良」を改善することが対策となります。それには頭皮を丁寧に洗う正しいシャンプーと、やはり、野菜などを中心とした食事で血流をよくすること、運動でも「血行不良」は改善しますから実行しましょう。