洗顔は1日に何回?男の洗顔術を伝授!

男性で、シミがある、毛穴が目立つ、ニキビがあるなど、顔のトラブルを抱えている人は、1日に何回も洗顔をしている方が多いです。しかし、1日に何回も洗顔をするのは、残念なことにあなたの肌荒れを加速させることになります。

ここでは、男性の1日の適切な洗顔の回数について説明していきます。

とくに肌の問題がないと思っている方でも、気持ち良いからといって1日に何回も洗顔をしてしまうと、これから肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。適切な回数を知っておきましょう!

男の洗顔の基本!

何度も洗顔したほうがスッキリするし、顔の脂が取れて清潔になるような気がします。

しかし、じつは洗顔をやりすぎてしまうと、皮膚を守る役目をしている皮脂が必要以上になくなってしまうのです。

そしてこの状態が続くと、皮膚の防御機能が徐々に低下していき、乾燥肌や脂性肌を引き起こす可能性が高くなるので、何度も洗顔をするというのは絶対NGなんです!

洗顔は何回?そもそも何のためにするの?

1日の洗顔ですが、朝と晩の2回で十分です。

また男性で多いのが、ゴシゴシと体を洗うように顔も洗ってしまうこと。
これは絶対にやめましょう!

しっかりと洗顔フォーム(洗顔石けん)を泡立てて、やさしく肌表面の汚れを落とすようなイメージで洗うことが大切です。

洗顔の目的は、1日の生活で顔について汚れを落とすことです。

顔の肌には、タバコの煙、排気ガス、ほこりとかの空気中の汚れと、肌から出る汗、皮脂などが混ざったものがついています。

洗顔をすることによって余分な皮脂やこれらの汚れ、古い角質を取り除くことができ、化粧水や乳液などのスキンケア化粧品が、肌に浸透しやすくなります。

顔を洗うときは、水洗いだけだと皮脂の汚れは落ちにくく、熱いお湯で洗うと肌にとって必要な皮脂までを落としていまうので、洗顔をするときはぬるま湯が適しています。

とは言っても、ぬるま湯だけで顔を洗っても皮脂の汚れは落としにくいので、適当な洗顔料を使って洗顔をすることが大切なのです。

洗顔のやりすぎはバリア機能を崩壊させる

洗顔のやりすぎというのは、「バリア機能」を崩壊させてしまう恐れがあるので要注意です!男性は「バリア機能」という言葉も聞いたことがないかもしれません。

じつは、肌はバリア機能が一番外側の角層にあることによって、乾燥や紫外線などの刺激から守られているのです。

バリア機能の仕組みは、角層という部分の表面を「皮脂膜」が覆っていて、角質細胞の中にある「天然保湿因子(NMF)」が水分を保ち、角質細胞の間を「細胞間脂質」が埋めることで成り立っています。

バリア機能を維持させるのに、大事なのは「天然保湿因子」と「細胞間脂質」です。

そして、洗顔をやり過ぎると、皮脂と一緒にこの2つまで一緒に洗い流してしまい、バリア機能の低下を招いてしまうことになります。

肌のバリア機能が低下するとどーなるの!?

肌が乾燥してカサカサになるだけでなく、少しの刺激でかゆみを感じたり、ウィルスや細菌が侵入しやすい状態になってしまいます。

また、肌のバリア機能が低下すると、元に戻るまでに1日~数日間も期間が必要になります。たとえ、化粧水や乳液で保湿をしたとしても、肌のバリア機能はすぐに元に戻ることはありません。

なので、1日に洗顔を何度もしている人は、危険ですので回数を落として1日2回、朝と夜だけにすることがおすすめです。

まとめ

洗顔のやり過ぎは、バリア機能を低下させ乾燥肌やウィルスの侵入など、肌トラブルを引き起こす要因です。1日の汚れを落とすためにやる夜の1回と、寝ている間に出た必要以上の皮脂を落とすためにやる朝の1回で男の洗顔は十分!

洗顔は1日2回までとして、肌に必要な分の皮脂は残すようにしましょう!

ピックアップ

洗顔料を選ぶときは、保湿成分を含んでいる洗顔料がおすすめです。
保湿成分を含んでいる洗顔料を使うことによって、顔の肌の汚れを落としながら潤いまで与えてくれます。

保湿成分を含んだ洗顔料の「バルクオム」には、高い保湿力を実現させる「加水分解シルク」が入っているのでとくにオススメです!

今なら肌活コースが今だけ初回価格は90%OFFの500円で試せます! ⇒