アゴ周りの吹き出物を治したい!男性の混合肌が原因で起こる肌荒れ対策!

chin_pimple

混合肌というのは、顔の部位によって「肌質」が極端に異なっている状態のことをいいます。一般にTゾーンはオイリーなのに、アゴ周りや頬のUゾーンは乾燥しているとか多くなります。それゆえ、対処法を誤ると乾燥ゾーンに吹き出物やニキビができて悩みの種となります。

その部位にしても、人それぞれで一概には言えないですし、また本人に混合肌の自覺がない場合も多いので、ステレオタイプの対処法を見つけにくいのも悩ましいところです。それでも吹き出物を何とか治したいと悩む男性も多いことでしょう。今回は、日本人にもっとも多いと言われる混合肌による肌トラブル対策について考えてみます。

混合肌の誤解

最も多いのが「Tゾーン」の悩み。「Tゾーンがテカルとか黒ずむ」といった悩みです。Tゾーンは皮脂腺が多い部分のため、皮脂がつまってそれが黒ずんだりしてしまうのですが、こういう状況のために、当人は自分がオイリー肌だと思ってしまうケースが結構多いことです。

そのため、Uゾーンの乾燥について気がつかないで対処方を間違えてしまうケースが多いのです。混合肌の人の場合は大抵「乾燥」という要因が潜んでいるケースがあります。それは「インナードライ」ともいい、肌内部が乾燥しているケースです。

インナードライとは?

混合肌の場合は、「インナードライ」の場合がひそんでいるケースもありますから、注意が必要です。「インナードライ」とは、表皮でなく内部の角質層の水分が不足している状態で、洗顔した後放置しておくと肌は水分を逃がすまいと皮脂を大量に分泌しようとします。

これがTゾーンの脂質肌になるケースです。つまり、脂性肌なのは表面だけで、内側は乾燥していたということが混合肌ではよくあるのです。この見極めをしてから、混合肌対策を考えることが大切です。この「インナードライ」が混合肌のポイントともなります。

混合肌にあう化粧水の選び方の基本

保湿成分を配合していること

乾燥肌でも脂性肌でも、もちろん「混合肌」でも「保湿」をすることは必要です。保湿の意味は決して油分で肌をおおうということではなく、雑菌などから肌を守るために、保湿成分で肌表面の角質層をケアしてあげるのです。

Tゾーンがオイリー肌っぽく見えるのも表面だけで表面の角質層が傷ついたりケアがされず放置されているために、皮脂が誘発されて「インナードライ」になっているケースも多いのですから、まず保湿をします。保湿成分としては「セラミド」とか「アミノ酸」などが配合された化粧水を選んで使用したほうがいいでしょう。

また「混合肌」でも、皮脂吸収材配合の化粧品は使わない方がいいでしょう。皮脂吸収材とは、肌の水分を吸収する働きを持つ成分なのでオイリー肌には有効でしょうが、乾燥肌は進行させてしまうリスクが伴います。角質層についても、この皮脂吸収材が肌に浸透するとターンオーバーの乱れを誘発しないとも限りません。特に吹き出物などが出ているあなたが気をつけたいことは、デリケートになっている肌に刺激になるアルコールや保存剤などがフリーな化粧水かの確認も必要でしょう。

混合肌のあなたが選ぶべき化粧品

とはいえ、化粧水や乳液など使用したこともない「混合肌」のあなたに化粧品を選ぶのは難しいでしょう。混合肌の化粧品を選ぶ時の目安にしてもらいたいのは以下の2つです。

セラミドアミノ酸など保湿成分が配合されている化粧品か確認
皮脂吸収材保存剤などの成分が含まれていないかの確認

「混合肌」おすすめの保湿化粧品

混合肌におすすめ加湿化粧品は、できるだけ皮膚形成成分に似た成分・例えばセラミド3ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸を補ってあげることが効果的です。混合肌のUゾーンである頬周りには、乾燥のために吹き出物などができている可能性もあるでしょう。

なので、できれば肌に負担になる保存剤、香料、アルコールなど肌を刺激する成分フリーのものを選ぶといいでしよう。いろいろの化粧品があるので、あなたの肌にあうのをお試しパックなどで捜すといいでしょう。

男性用としてすべてが一本になっているオールインワンのものを選ぶと、化粧品初心者のあなたには面倒がなくて長続きできるはずです。

混合肌の洗顔には注意が必要!

混合肌の男子が洗顔時に気にする事は、Uゾーン、Tゾーンが違うので洗い方を変えましょう。洗顔後の肌の感じが違ってきます。

Tゾーン洗顔

Tゾーンの場合はよく石鹸を泡立てて、その泡でTゾーンへ手のひらで余分な皮脂を落とします。ただし、皮脂を落とし過ぎないこと。落とし過ぎると、逆に皮脂が大量に分泌されてしまって、テカリの原因になります。洗浄はぬるま湯で洗うことと、指で触って強めにこすったりするのも厳禁!

Uゾーン洗顔

Uゾーン洗顔の場合は、よく石鹸で泡を立てます。その泡を顔に乗せるようにおき、手で泡を少し動かすように洗顔します。泡立てるところまではTゾーンと一緒ですが、泡と顔の間に皮脂を置いて、泡を転がすような感じで洗顔します。Uゾーンは洗いすぎると乾燥しやすいところなので、刺激を少なくするように充分注意をします。

睡眠、ストレス、偏食にも気をつける!

「混合肌」の根っこにも「インナードライ」があります。その原因は、睡眠、ストレス、偏食などですが、対応は「乾燥肌」と同様で「ターンオーバー」のリズムを乱さないような生活や食生活に気をつけましょう。特に、食事は大切です。

角質層をうるおしバリア機能を高めるセラミド、ターンオーバーを促進を助成するビタミンA、健康な肌や髪をつくり粘膜を保護するビタミンB2、抗酸化作用があるビタミンE、コラーゲンの生成を助け、肌のハリやきめを整えるビタミンC、細胞分裂に関与する亜鉛、皮脂膜の強化必要な青魚に含まれるオメガ3脂肪酸のオイルを摂って皮膚のターンオーバーの正常化を目指しましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

混合肌は対応を間違えると、Uゾーンの頬辺りの吹き出物に悩むことになります。それを直すためには「インナードライ」を意識してのスキンケア・皮脂を残しつつ保湿を行うという対応が必要となります。結局は皮膚の「ターンオーバー」の正常化を目指すことが、混合肌を直す近道にもなります。

月並みな言い方ですが、十分な睡眠時間を確保し、ストレスを貯めないように、食生活も皮膚に有効なものを摂っていきましょう。そうすれば、混合肌も改善できるはずですし、それによって出てくる肌トラブルも解消されてくるでしょう。