【男の敏感肌】助けてくれ!顔がヒリヒリする!男の敏感肌のスキンケア

men_sensitive_skin

一般的に皮膚の薄い敏感肌は女性特有の悩みだと思われがちですが、男性でも敏感肌に悩んでいる人は多くいます。

敏感肌の表面は乾燥してカサカサで、赤くなってヒリヒリしたり、かゆみがあったり、人によっては吹き出物ができたりするケースもあります。

それこそ「助けてくれ!」と言いたいところでしょう。

いずれにしても、敏感肌は安ものの洗顔料も化粧品も使えませんので対処法も一筋縄ではいきません。

ゆっくり時間をかけてターンオーバー機能を立て直していくしかないでしょう。今回は、敏感肌の対応策についてお伝えします。

男性の敏感肌の原因

敏感肌は、化粧品や洗顔料・紫外線といった「外からの刺激」に対して弱い肌をいいますが、原因は肌のバリア機能の低下によって生じます。

普通だと何ともないよう外的刺激に対して、過敏になっている肌は反応してしまいます。

外的原因としては、紫外線を浴びたり、気温や湿度などの変化、間違ったスキンケアなどがありますし、内的原因としては偏食とか、過剰なストレス、睡眠不足、アトピー体質などいろいろです。

しかし、その一番の原因は、男性の美容に関する無知と洗顔を含めた「間違ったスキンケア」によるところ大きいでしょう。

それが積もり積もって敏感肌まで進行させてしまっているのです。

皮脂分泌が活発だと言って(脂性肌のように見えて、それはインナードライかもしれない)1日に何度も顔を洗ってしまって皮脂膜まで根こそぎ落とし、肌表面の角層までもめくれあがらせてしまっているでしょう。

その刺激によって肌から水分が蒸発してしまって、乾燥を招いている「乾燥肌」となっているのです。

毎日のヒゲそりも乾燥肌の原因!

男性はほぼ毎日髭剃りをして、カミソリで肌の角質層も削り落としています。

にもかかわらず化粧水での手入れもする習慣もなく、まして乳液での保湿などもしません。

こうなると肌は敏感な状態へと進行していってしまいます。

これに加えて紫外線のA波に晒されていますし、ここに睡眠不足とかストレスなどが加わると、肌の新陳代謝は完全に乱れてしまい未成熟な角層が肌表面に出てくることになります。

表面層にでてきた未成熟な角層はバリア機能が極端に弱い状態ですので、ますます敏感肌が悪化していくことになってしまうのです。

対策はスキンケアとヒゲそりの見直し!

その対策は、肌をいたわること。日々の洗顔方法を見直しましょう。

よく言われることですが、洗顔料はよく泡立てて、肌に摩擦がかからないように洗います。

お湯を使うと皮脂膜が流れてしまい角質内の水分が蒸発してバリア機能が低下してしまうので、ぬるま湯を徹底します。

タオルで拭くときも、そっと抑えるように水気をとリます。

朝の洗顔には水だけでいいでしょう。

夜は洗顔量を使うとしても、強い洗顔料は絶対に止めて、肌に潤いを与えながら汚れを落とせる洗顔料を選びます。

洗顔後の保湿ケア

顔後の保湿ケアも大事です。

洗顔後は化粧水で潤いを与え、肌内の水分が蒸発しないように油分を補います。

敏感肌の人はバリア機能を形成する力が弱いので化粧水+油分を肌へ与えましょう。

化粧はアルコールや防腐剤、香料がフリーなものを選びます。

肌の水分保持力をアップさせ、バリア機能を回復してくれるヒアルロン酸やセラミド配合のものがいいでしょう。

敏感肌のヒゲそり

敏感肌に悩んでいるケースでのヒゲそりは、電気シェーバーを使うことをおすすめします。

電気シェーバーは外刃と内刃があり、外刃が肌を押して毛を浮き上がらせ、内刃で毛を剃るというシステムになっていますから、肌に余り負担をかけずに済みます。

カミソリを使用すると、どうしても肌表面の角層まで削りとることになってしまうので、シェービングローションや洗顔料でヒゲを軟らかくしたとしても、カミソリの刃で日々角質層を削っていれば、敏感肌が良くなるわけはありません。

電気シェーバーでも、何度も同じ場所をそるのにも気をつけましょう。

それでも辛ければ、いっそのことヒゲをのばすスタイルに変えることも考慮しましょう。

ヒゲそり後も、洗顔後と同様の保湿ケアを忘れずにしてあげることは必須です。

敏感肌の化粧品選び

敏感肌の化粧水選びの条件は低刺激であること、保湿成分のセラミドが入っていることの2つが大きなウェイトを占めます。

敏感肌化粧品には、NG成分は入っていないかチェックが必要です。

敏感肌のNG成分をチェック!

敏感肌にとって良くない成分は防腐剤・保存料、合成香料、合成着色料、合成ポリマー、石油系界面活性剤などです。

防腐剤や保存料は化粧品を腐らせないように配合された成分ですが、中には有害なホルムアルデヒトを発生させるものもあります。

合成香料もフリーにした方がいいでしょう。

成分表を見ても、香料としか記されていないため分かりにくいのですが、アレルギー反応を起こす懸念もあります。

合成着色料も発がん性を持っている危険なものもあるのでチェック要です。

合成ポリマーも なめらかな使用感を作り出すため使用される乳化剤ですが、クレンジングで落としにくいので肌への負担が心配です。

石油系界面活性剤についても、敏感肌の人は敏感な人が大勢見られます。

保湿成分セラミドは入っているか?

敏感肌の方にとって、必要なのが「セラミド」です。

というのも、元々肌細胞に存在する成分だからです。

セラミドは角質細胞間脂質を埋めてあるもので、水分を保持し肌のバリア機能を高める役割を担っているのです。

化粧品に使われるセラミドには4つの種類があります。

天然セラミド

動物や植物からとれるセラミドです。人が持っている11種類のセラミドのうち、7種類を持ち合わせています。値段が高いのが難点です。

天然型セラミド(ヒト型セラミド)

酵母から作った天然型セラミドは、人が持っているセラミドによく似た構造をしているため、馴染みがよく浸透効果の高いセラミド。

安全性が高く安価であるため、化粧水や化粧品に用いられるのに適したタイプ。

植物性セラミド

米や大豆、こんにゃくから抽出したセラミドです。こんにゃくセラミドは、アレルギーのリスクが少ないことで注目を集めています。

合成セラミド

セラミドに似た物質を合成させたものです。

構造はセラミドに似ていますがまったくの別物。安価ですが、効果は薄いです。

天然型セラミドには、人間が持っているセラミドの種類「セラミド2」を補う働きがありますので、バリア機能が低下しセラミドが減少している敏感肌にはふさわしいと言えます。

天然型セラミドを配合した化粧品は「セラミド2」「セラミド3」などと表示されていますので、化粧水を選ぶ際はセラミドの種類について確認してから購入をしましょう。

然セラミド配合のオールインワンタイプのフェイスジェル  

敏感肌の場合は、つけるとヒリヒリして使用できないものもあります。

購入の際には、トライアルセットで試せるようなものを選ぶと合理的です。

生活習慣の見直し

敏感肌については、体の外からのケアだけでは治りにくく、内側からのケアも大切です。

睡眠不足や偏食、不規則な生活に喫煙や飲酒などの要因が加わると健康な肌を作りだすことができなくなります。

睡眠中は成長ホルモンが分泌され肌の修復が行われますので大切です。

特に、22時~2時は肌のゴールデンタイムと呼ばれ成長ホルモンの分泌が活発になるので、この時間帯に睡眠につけるよう心がけるといいでしょう。

バランスの取れた食生活は肌の新陳代謝を整え、バリア機能を強くすることができます。

肌の素となるたんぱく質、保湿に良いアミノ酸、肌細胞を作るのに貢献するビタミン群は意識してとりましょう。

栄養不足になると肌を作るために必要な栄養素が欠乏しがちになり、バリア機能が十分に働かなくなってしまいます。

まとめ

敏感肌にならないためには、肌のバリア機能を低下させないことが大切です。

「敏感肌」になってしまった場合は、正しい洗顔と保湿でターンオーバーの乱れを正常に戻るように肌をいたわって上げましょう。

間違ったスキンケアや、やたらと日ざしを浴びると紫外線の被害も受けて敏感肌になってしまいます。

男性でもUVケアをして敏感肌を悪化させないようにしましょう。

肌がピリピリしたりするのをかいたりして肌トラブルを悪化させないことも大切です。

結局は、日々の習慣を見直しバリア機能を元のように立て直すことが「敏感肌」を治す近道となるでしょう。

天然セラミド配合のオールインワンタイプのフェイスジェル