30代男のニキビケア!若い頃から悩んでいるニキビを治して綺麗な顔にしたい!

30_nikibi_care

ニキビが繰り返しできて治らないというのは煩わしいことですよね。20代〜30代のおよそ半数が、ニキビやニキビ跡に悩まれていると言われます。

ニキビがなくすっきりした顔は男性でも憧れですが、30代男性に出来るニキビは思春期のニキビとは異なり、できる場所も口やあご周りに繰り返し出てきますし、放置しておくとニキビ跡やシミになってしまう可能性もあります。繰り返し出てくる30代男大人ニキビを治すためにも、ニキビケアの対策についてのポイントを説明しましょう。

大人ニキビの原因は「ターンオーバー」の乱れ

大人ニキビの原因は「肌の乾燥」とそれによる「古い角質の体積」にあります。その乾燥肌の原因も、根本的には肌のターンオーバーの乱調によるものですから、ニキビ対策についても、根本的には、この「ターンオーバー」を正常に戻してあげるということが基本になります。

大人ニキビの特徴としては、再発しやすいということと、跡に残りやすいということがあげられます。こうしたことから、正しい肌ケアをしないと毛穴がつまりアクネ菌によりニキビが再発するということになってしまいます。

跡に残りやすいというのは、肌代謝が遅れがちになるため治りにくいという事情があるからです。「大人ニキビ」ケアはそれゆえ表面的なことではなく、この肌代謝「ターンオーバー」の循環を正常化する対策に重点をおきましょう。

大人ニキビの具体的原因

大人ニキビの原因は「ターンオーバーの乱調」と書きました。その乱調をつくる原因は生活習慣の乱れです。例えばストレス、睡眠不足、偏食、紫外線、間違った洗顔、過剰な喫煙、飲酒などどれもありふれた原因ですが、こうしたことが積み重なることで肌の「ターンオーバー」は乱れて、肌から水分が失われ「乾燥肌」になっていくのです。

ニキビ肌においては、まず正しい洗顔と生活習慣を直していくことが「ターンオーバー」を正常に戻すキッカケとなるでしょう。化粧品などに頼る前に、まず正しい洗顔と生活習慣をチェックしてみましょう。

ニキビ肌の洗顔は?

そもそもなぜ「洗顔」しなければいけないのかといえば、皮脂や汗やホコリなどの汚れを取り除くためです。皮脂が酸化すれば「過酸化脂質」となってしまいます。

また、ホコリなどを放置しておけば「菌が繁殖」して肌トラブルの原因になってしまいます。本来は「古い角質」は水で洗うだけではがれ落ちてくれるのですが、洗いすぎなどで簡単に落ちなくなってくると、肌が厚くなりニキビが出来やすくなったりします。洗いすぎは「ターンオーバー」を早め、ますます肌には古い角質がたまってしまうのです。

ここに、洗顔がニキビ肌のポイントになることがわかります。では、具体的な洗顔はどうするかみていきましょう。

朝の洗顔の基本

「ニキビ肌」の朝の洗顔については、原則的にぬるま湯だけで大丈夫です。というのも、洗顔の目的は「余計なものを洗い流して、ターンオーバーを正常に働かせる」ということだからです。

肌から余計なほこりだけを取り除くために洗顔して、あとは自然治癒力の「ターンオーバー」に任せてあげれば、肌はキレイになっていきます。古い角質は水で洗ってあげるだけでも落ちますから、あえてニキビ肌の場合でも、朝の洗顔に洗顔料は必要がないと言っていいでしょう。

「脂っぽいからオイリー肌だ!」と思っている場合でも、約5割は「乾燥が原因」で皮脂が過剰に出てしまっていると言われます。朝の洗顔は「ターンオーバー」を邪魔しないための洗顔にしましょう。

生まれつき脂性肌という人の場合は、洗顔料を使ったほうが良いかもしれません。ただ、洗顔料を使っていて「つっぱり感」があれば、朝はぬるま湯だけの洗顔にしましょう。

夜の洗顔の基本

夜の洗顔料を使った洗顔法を説明していきます。

①手を洗い、顔をざっと洗う
②洗顔料をしっかり泡立て、円を描きながら指が触れないようのばす
③洗顔料の泡が残らないようにぬるま湯でしっかりすすぐ
④最後はタオルを顔に当てるように水気を取る

特にニキビがある場合は「菌が繁殖する」原因にもなりますから、手はしっかり洗いましょう。次に、洗顔料を使う前は顔を水だけでさっと洗います。落とせる汚れは全部落として、皮脂など洗顔料でしか落とせない汚れだけを洗顔料で落とします。

温度は30度くらいが目安です。洗顔料の泡を顔にのせ、指が直接肌に触れないように毛穴の奥の汚れをしっかり取り除くという意味でもできるだけきめ細かくするといいでしょう。

泡は顔についた瞬間から汚れを吸着してくれるので、のせるだけに充分です。オデコや鼻などテカリが気になる部分だけ指が顔に触れないように、円を描くように洗顔料を押し当てていきます。洗う順番はTゾーンから頬、そしてこめかみからUゾーン周辺へと動きますが、そのとおりでなくとも大丈夫。

すすぎについては、洗顔料には合成界面活性剤が含まれているため泡が少しも残らないように、しっかりすすぐことか大切です。すすぎ残しが原因でニキビができるケースもあるので気をつけましょう。最後にタオルで水分を拭き取りますが、タオルは清潔なのを使うことが基本です。また、こすったりせず優しく当てるように水分をふきます。あとは保湿を早めにしましょう。

男性向け洗顔料と保湿について

洗顔料については、汚れや皮脂を吸着して洗い流すクレイタイプの洗顔料や、余分な皮脂汚れを落とす固形石鹸タイプがあります。あなたの肌質に合わせて選んでください。

また、洗顔後は化粧水や乳液などで保湿をしますが、いろいろ使用するのは面倒だという男性は、メンズ用のオールインワンタイプの保湿アイテムからも選ぶことができます。

本来ならば、化粧水、美容液、そして乳液かクリームといった順番でスキンケアをするものですが、それが面倒人のために、これら全部を一本にまとめたものがオールインワン化粧品です。いろいろなタイプのものが市販していますし、通販でも購入できます。

それでも治らない人はニキビ化粧水を!

生活習慣を見直してもニキビが治らない場合は、あなたのスキンケアが間違っている可能性もあります。例えば、油分を多く含む化粧水を使っていないでしょうか。

肌にとって油分は大切ですが、オイリー肌の場合は油分を配合した化粧水は適していません。むしろ、オイルフリー化粧水がおすすめです。逆に乾燥肌やインナードライ肌の場合は、適度に油分を含んだ化粧水がおすすめです。

皮膚の角質を溶かしてターンオーバーを促すピーリング化粧水も人気ですが、「ニキビ肌」には大変刺激が強いものとなっています。 効果が期待できる化粧水ですが、乾燥が悪化するなど肌トラブルのリスクも気になるところですから、ニキビ化粧水としてはあまりおすすめできません。

ニキビ化粧水としては、いろいろなタイプのものが市販されています。なかにはニキビ跡対策に効果があるものもあります。あなたの体質やニキビの状態に合わせて、専門店などで相談するといいでしょう。

大人ニキビの日常生活対策

食生活の見直し

偏った栄養バランスは肌の大敵です。ニキビのできない肌を作るには、毎日バランスの整った食事を心がけることが大切です。

中でもニキビ改善のために意識して取り入れたいのが、皮膚の健康をサポートするビタミン類や腸内環境を整える食物繊維、乳酸菌といった成分です。特に男性のニキビは食生活の見直しをすることで改善される可能性が高くなります。

皮脂の過剰分泌が原因である人は脂質を摂り過ぎないよう意識することで、皮脂の分泌量が少なくすることができます。偏った栄養バランスは肌の大敵です。特に男性のニキビは食生活の見直しをすることで改善される可能性が高くなります。外食の多い男性は、塩分や油分が高くなりがち。

また、栄養面も十分ではないので、野菜を意識して食事の中心にするよう工夫してみましょう。肌のターンオーバーを促進する栄養としては「たんぱく質」が上げられます。たんぱく質は、人の体を構成している成分ですが、皮膚も構成している成分です。それゆえ、皮膚にはタンパク質が有効。肉、魚、卵、牛乳、チーズ、納豆、豆腐、大豆製品などのタンパク質を摂りましょう。

さらに、ビタミン類も有効です。ビタミンAには人参やカボチャ、卵黄、うなぎ、レバー、乳製品。ビタミンB2はレバー、卵、乳製品、ほうれんそう、さつまいも、大豆があります。ビタミンEはアンコウの肝、たらこ、だいこんの葉などが有効。ビタミンCは野菜・果物一般です。

ミネラルとしては亜鉛が亜鉛は細胞分裂に深く関与しており、肌や髪の毛、爪などの健康を維持するのに必要なミネラルと言われています。セラミドもバリア機能を高め、肌荒れをしにくい状態にしてくれます。セラミドはこんにゃくイモ、大豆、胚芽米、小麦、ほうれんそう、ヨーグルト、黒ゴマ、黒豆、ひじき、ゴボウなどがあります。

十分な睡眠をとる

肌の修復や再生は、あなたが寝ている間に分泌される成長ホルモンによって行われています。睡眠時間をしっかり確保することによって、キレイな肌がつくられます。

特に、肌のゴールデンタイムと言われている22時~2時に眠っていると、成長ホルモンが豊富に分泌されて肌の「ターンオーバー」にも有効です。たとえ、それが難しくても規則正しい睡眠だけでも心がけると、肌の修復にとって有効に働くでしょう。

紫外線対策をする

ニキビにとって紫外線対策は重要です。とくに、炎症性色素沈着によるニキビ跡は日焼けをすることにより消えにくくシミになってしまう可能性もあります。そうすると手術をしないと消せなくってしまいますから、男性でもしっかりUVケアをしてください。

適度な運動

運動することで代謝がアップすると、ターンオーバーも正しい周期で回るようになります。代謝が活発になれば、不必要な角質は取り除かれるので老廃物の排出もスムーズになり、それによりメラミンなど沈着することなくターンオーバーの中で皮膚が入れ替わっていきます。

また、適度に身体を動かすことでストレスの発散もできるでしょう。ストレスから「ターンオーバー」の乱れが始まることもありますから、ストレスの適度な発散は、ニキビを予防する健康な肌づくりのためにも有効なことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ニキビのないキレイな肌を取り戻すためには、まず生活習慣を見直すことです。それで皮膚の「ターンオーバー」はかなり回復できるはず。洗顔、保湿などを併用することにより、ニキビの回復は期待できることでしょう。

ニキビができている時は肌を清潔に保つようにし、フェイスタオルやバスタオルなとも、こまめに取り替え、皮膚が触れる枕カバーや蒲団カバーなども小まめに変え清潔を保つよう意識することも大切です。

ニキビができているところをカミソリで傷つけると、さらに雑菌が繁殖してニキビが悪化してしまう恐れもあります。ニキビ部分をカミソリで手入れする場合は、ニキビを傷付けないように注意することが必要です。