男の大人ニキビの原因は寝不足・ストレス・乾燥肌!

思春期のニキビと大人になってからのニキビは、その成立もケアもまったく違います。それを同じスキンケアで行っていると、初期ニキビを悪化させることに!!

クレーター状になったニキビ跡は、自力では直せなくなります。そうならないように、まず、ニキビのタイプと原因について考えてみましょう。

大人ニキビができるメカニズム

思春期のニキビは成長期に伴うホルモンバランスの乱れが原因で、にきびができるのもTゾーンといわれるオデコや鼻の周辺などにできる思春期ニキビ。

これは過剰に分泌された余分な皮脂で毛穴がつまることが原因で起きる脂っぽいニキビで、その性質から洗顔さえしていれば治るとされていました。

ところが、大人ニキビは、思春期ニキビとは違ったメカニズムで出来てしまうニキビなのです。できる場所も、口やあご周りのUゾーンにできやすいことが特徴です。

そして、思春期では春先にできやすいのですが、大人ニキビでは季節を問わず、突然ぽつんとできるのを特徴としています。しかも、同じ場所に繰り返しできるというのも特徴の一つです。

大人ニキビとは?

大人ニキビができる原因は「古い角質の蓄積」と「肌の乾燥」が原因です。そのメカニズムとは、まず肌の代謝が悪くなることから始まります。このことでターンオーバーが遅くなり、古い角質が毛穴をふさいでしまいます。

そして、ターンオーバーの低下によって起こってくる「肌の乾燥」が、毛穴をふさぐ角質を厚く堅くし大人ニキビをさらに悪化させる原因ともなります。こうなると、ふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖し、そこでできた炎症が「大人ニキビ」となってしまうのです。しかも、それは、乾燥している部分にできやすいという傾向があります。

大人ニキビには硫黄系の成分を含んだ化粧品はNG

こういうメカニズムで、大人ニキビと思春期のニキビでは、ケアする方法も選択すべき化粧水も異なってきます。

思春期ニキビの場合は、まずは清潔にすることと、過剰な皮脂分泌を抑えるためと炎症を抑えるためにアルコールやイオウ系の成分を含んだ化粧品を使用しますが、大人ニキビにこの種の化粧水を使用しますと、余計乾燥がひどくなってしまいます。

大人ニキビは、主に乾燥が原因なので、保湿しながら長期的なケアが必要になります。このように、大人にきびと思春期のニキビとでは、メカニズムも対処法も異なってきますから注意が必要です。

大人ニキビの原因は日常生活!

ニキビができる原因は、それ以外にもあります。間違った洗顔方法、ストレスや紫外線やタバコなどから発生する活性酸素が原因とされるもの、また、睡眠不足、外食や簡単なもので済ませがちの食生活による「栄養バランスの乱れ」も大人ニキビの原因の一つになります。

ニキビ予防に必要な栄養素である「ビタミン」や「ミネラル」不足も大人ニキビの原因となります。また、食物繊維の不足も「便秘」に繋がり、老廃物が蓄積することになります。

洗顔は一日2回程度にとどめる!

洗顔の際、洗顔料を使って何度もごしごしと洗ってしまうと、本来肌に必要な皮脂まで奪い、大人ニキビの主な原因である「肌の乾燥」を引き起こしてしまいます。そのため洗顔は1日2回程度にとどめます。

タバコ・ダイエットなども原因

他にも大人ニキビの原因は、「タバコによる血行不良」「過度なダイエット」など日常で改善したいものばかり。タバコなどから発生する活性酸素は肌に大切なビタンCを壊します。

大人ニキビの種類

大人ニキビは「白ニキビ」、「黒ニキビ」、「赤ニキビ」・「黄ニキビ」の4種類に分類されます。白ニキビから黒ニキビ。そして、炎症する赤ニキビ、膿を持ってしまう黄ニキビというように順にニキビは悪化していきます。

早い段階で治療を行えば、跡も残りにくく肌へのダメージが少なくて済みます。

白ニキビとは?

白ニキビはニキビのでき初めのニキビで、古い角質が毛穴に詰まってしまっている状態のニキビです。毛穴がつまるので皮脂が排出しにくくなり、毛穴が大きくなって皮膚が盛り上がってきます。

白ニキビは、まだアクネ菌による炎症も起こっていなくて、毛穴が詰まっているだけの初期のニキビといえます。正しいケアをすれば、数日で治すことが可能です。気になるからといって触ったりすることは厳禁です。炎症を起こして赤ニキビに悪化したりする可能性が高くなります。

黒ニキビとは?

黒ニキビは、汚れが詰まった毛穴が開いて出てきた皮脂が、空気に触れて酸化し黒く見える状態のものをいいます。毛穴が閉まっている白ニキビに対し、黒ニキビは毛穴が開いている状態です。

それでもまだ初期段階ですから、キチンとケアすれば治療することが可能です。ただし、放置しておくと、炎症を起こして赤ニキビに移行していきます。

赤ニキビとは?

ニキビが炎症を起こして腫れてしまっている状態です。赤ニキビになると、アクネ菌も増殖してきます。赤ニキビは、炎症していますから痛みやかゆみを伴い、手当てをしないとニキビ跡になる可能性もあるります。

一度炎症を起こしてしまうと、自然には回復しませんのでケアを急ぐ必要があります。

黄ニキビとは?

炎症を起こしたニキビが化膿している状態です。皮膚組織が壊され、肌の損傷も激しいものとなります。

ここまで進むとニキビ跡が残る可能性は高く、クレーター状になる場合もあります。

まとめ

ニキビは悪化させると大変厄介ですし、将来ニキビ跡が残る心配もあります。ここまでいかないように、洗顔の仕方、ストレス、食事、睡眠などに気をつけ悪化させないようにしましょう。