男の毛穴の黒ずみと開きの原因とは?イチゴ鼻と言われるメンズの毛穴問題!

余分な皮脂が詰まることが、毛穴の「黒ずみ」や毛穴の「開き」の主原因です。黒ずんだり、皮脂が浮き出たりして目立つ毛穴。特にTゾーンと呼ばれる場所では皮脂の分泌が多いため毛穴が目立ちやすくなります。

老化により縦に伸びる毛穴の開きは「たるみ」のサインですし、紫外線による肌ダメージが原因で毛穴が広がってしまうケースもあります。毛穴トラブルの原因は何なのでしょうか。

毛穴とは?

毛穴とは、体毛が生えている小さな穴で、顔だけでも20万個は存在すると言われ。顔や胸、背中などに多く存在して大きな役割を持っています。それは皮脂腺から分泌された皮脂の「出口」という役割です。

皮脂とは、皮膚を乾燥から守り潤いを与えている脂分です。分泌された皮脂は皮膚のターンオーバーによって体外に排出されます。

毛穴の効能

毛穴には、ちゃんと役割があります。例えば、皮脂が膜を作ることで外的刺激から皮膚を保護し皮膚の潤いを保つとか、体内の老廃物を排出するとか、皮膚のphバランスを保って雑菌の増殖を防ぐとかなどです。

こうした働きが順調に回っていると問題はないのですが、皮膚のターンオーバーの乱れなどで皮脂の分泌が多くなりすぎたりして、毛穴に皮脂や角質が詰まり角栓が毛穴を塞いだりすると、さまざまな毛穴のトラブルが起り始めます。

毛穴のトラブルのメカニズム

毛穴の代表的トラブルは「黒ずみ」と「開き」と「たるみ」と言われています。

毛穴の詰まりは、本来ははがれ落ちるための角質が毛穴をふさいでしまったり、過剰な皮脂が角栓として詰まってしまうのです。角栓は、皮脂と古い角質が混ざり合って半固形状になったものです。通常はターンオーバーによって排出されますが、毛穴に留まってしまっている間に乾燥して角栓となります。

それをケアしないで放置していると、空気の汚れと混ざったり活性酸素の影響で酸化したりして黒くぽつぽつとしたような状態になります。黒ニキビの初期症状です。

また、こすりすぎなどのスキンケアなどで炎症を起こすと、角質層の機能低下が起こります。本来は、まだ表面化しないはずの若い角質が未熟なまま露出してしまい正常な働きができません。こうした経緯で毛穴が黒ずんだり、毛穴が開いたりしてしまいます。

毛穴の黒ずみとはどんなもの?

毛穴を通って出て行くはずだった皮脂が正常に排出されず古い角質と皮脂が混ざって角栓ができてしまうと、次第に毛穴が開いてしまいます。特に皮脂の分泌が盛んなTゾーンや頬に角栓ができやすい部分です。

具体的な毛穴の「黒ずみ」の原因は、毛穴の乾燥やターンオーバーの乱れや遅れ、また、洗顔、角質ケアのしすぎという間違ったスキンケアなどによります。

ターンオーバーの乱れで肌が乾燥すると、やがて、毛穴や皮膚表面に留まっている汚れや古い角質などが皮脂と混ざって酸化し、毛穴が黒ずんで見えることになってしまうのです。

無理に角栓を取ろうとするのはNG

毛穴の黒ずみは見栄えもよくないので、爪などで無理に角栓を取りたくなってしまったり、毛穴パックなどの角栓ケア用品で無理に角栓を取ろうとするのは、やめた方がいいでしょう。

角質層を傷つけ毛穴を広げてしまうだけです。「角栓」はターンオーバーとともに体外に排出されるので、無理に取ろうとしなくても自然に入れ替わっていきます。

毛穴が開いて見える原因はなに?

毛穴の開きは目視でわかります。一体何が原因なのでしょう。毛穴の開きは、過剰な皮脂が主な原因だといわれています。

本来、皮脂は肌を守るために必要なのですが、過剰に増えてしまうと皮脂腺が発達し、皮脂の出口も大きくなり毛穴が開いて目立ちやすくなるのです。一般的に、オイリー肌に傾きやすい人や混合肌の人が毛穴が開きやすくなる傾向にあるといわれています。

毛穴のたるみとは?

「毛穴のたるみ」は、角質層の奥の真皮を構成しているコラーゲンなどが、加齢などにより減少してしまうことによって起ります。こうしてコラーゲンの減少と水分不足などでハリがなくなってくると肌がたるんでしまい、それに引っ張られるように毛穴もたるんでしまうのです。

すると、肌を支えている基本の屋台骨が崩れて、顔のたるみととに毛穴が縦長の楕円形状に変形し拡がってしまうのが特徴です。

原因は加齢に加え、日頃の保湿が十分でなかったり代謝の低下などが原因です。「たるみ」毛穴が進行すると、開いた毛穴が連結してシワのような状態になることもあります。

クレーター毛穴という存在を知っていますか?

 オレンジのようにデコボコしている部分と、そうでない部分がはっきりわかるようになっているような場合は、毛穴の箇所にニキビ跡ができている可能性があります。

これをクレーター毛穴と呼びます。クレーター毛穴は、ニキビによる炎症や無理に毛穴の角栓を押しだそうとして皮膚を傷つけたことが原因で、毛穴部分にニキビ跡が残ってしまった状態をいいます。

ニキビを治したいがために洗顔をしすぎたり、保湿をしないなどの間違った対処をすると、肌は益々乾燥し必要以上の皮脂分泌が起こし、悪循環となります。クレーター毛穴にまでなってしまうと、自宅では直せないため美容クリニックなどの専門機関でケアしてもらわなくてはなりません。

こうなると費用も労力も掛かってしまいますので、日頃から適正な毛穴ケアに勤めましょう。

まとめ

「毛穴のトラブル」といっても様々です。間違ったケアをして肌にダメージを与えてしまう可能性もあります。あなたの毛穴タイプをまずチェックして、対応を考えましょう。ケアをしているのに効果がない場合は、見当違いな努力をしているのかもしれません。