簡単にお金をかけず毛穴の開きを治したい!30代男性のスキンケア

pores_30_care

毛穴が詰まると、行き場を失った皮脂は横に蓄積していくので毛穴も広がっていきます。こうした「開き毛穴」は皮脂の過剰分泌が原因で、毛穴がふくらんでしまった毛穴のことをいいます。

こうした毛穴の開きや黒ずみは外目からも目立ちますので、男性たちは何とか治したいと思うことでしょう。ましてや、仕事に脂が乗ってくる30代男性、目立った「毛穴の開き」を治すことは、ビジネス上からも切実なことでしょう。ぜひ、治したいですね。

そこで、この記事では比較的簡単にできる「毛穴の開き」の治し方についてお伝えします。

毛穴の役割しってますか?

何かと嫌われ者の毛穴ですが、毛穴は皮脂腺から分泌された皮脂の「出口」という役割を持っています。外的刺激から皮膚を保護したり、汗や皮脂と共に体内の老廃物を排出するとか、皮膚のphを保って雑菌の増殖を防ぐという大切な役割もになっています。

毛穴が目立ってしまう原因は、主に「過剰な皮脂」と「古い角質」だといわれています。皮脂が多く出ると、毛穴のなかの皮脂線も大きくなり皮脂の出口である毛穴も大きく開いてしまうのです。

また毛穴がふくらんでしまった周りの皮膚も関係していて、加齢などで皮膚の衰えが進んでくると、皮脂の過剰分泌などで毛穴の周りの皮膚が毛穴のほうに引き込まれるという現象が起り、毛穴は余計に目立ってしまうのです。

男性は男性ホルモンの影響で毛穴がつまりやすい!

もともと男性は、男性ホルモンの影響もあり皮脂の分泌量が多いので、毛穴がつまりやすいのです。それが酸化すると黒ずんで見えたりしますし、毛穴が詰まると行き場がなくなった皮脂は、次第に横に蓄積していくので毛穴も広がってしまいます。

そのまま放置しておくと、クレーターのように毛穴の広がりきった毛穴になってしまいます。30代では「開き毛穴」が多いのですが、加齢による肌のたるみで、毛穴の周りのコラーゲンが減少し毛穴が支えられなくなって垂れ下がってしまってしまう毛穴トラブルもあり、これを「たるみ」毛穴といいます。

毛穴ケアでの注意点

男性はもともと女性よりも皮脂量が多く、毛穴が目立ちやすいといわれています。その上間違った毛穴ケアを行えば、さらに毛穴を黒ずませたり拡げさせたりしてトラブルを拡げてしまいます。

男性の場合、皮脂の多さも原因ですが、間違ったスキンケアや不十分な洗顔が、毛穴の状態を悪化させている場合が多いのです。例えば、毛穴の黒ずみの角栓を解消しようとして鼻の角栓パックで黒ずみを無理にはがそうとしたり、無謀な処置としては、角栓の汚れを爪で押し出したりしてしまったりするケースもあります。

こういった毛穴ケアは、一時的には毛穴の角栓が取り除かれるかもしれませんが、肌を傷つけて炎症させたり化膿を引き起こしかねません。爪で押し出す時、真皮や皮下組織まで傷をつけてしまうこともあり、リスクの大きい処置でおすすめできません。さらに悪いことに、毛穴の汚れを爪で押し出すというのは、毛穴をさらに広げることにもなってしまいます。

正しい毛穴洗顔

毛穴汚れを爪で押し出すという乱暴なことをしなくても、もっと優しい方法で毛穴洗顔ができるのです。蒸しタオルなどを顔に乗せて1分〜3分くらい待ち、顔の毛穴を開かせます。それからクレンジングをしますが、メークをしない男性は、クレンジングをするという習慣もないので、クレンジングアイテムすら持っていないでしょう。

その場合は、なにかオイル(オリーブオイルなら、大抵の家庭にあるでしょうし、安価で添加物もなく安心です。 )なければ、家族や彼女にクレンジングオイルなどを借りてくださいね。そのオイルで、毛穴の気になる部分だけをくるくると優しくマッサージします。こうする事で詰まった毛穴の汚れをあらかじめ浮かす事ができます。それから洗顔をします。

正しい洗顔方法

さあ、洗顔です。毛穴対策のためにも、正しい手順で洗顔を行っていきましょう。

①手を清潔に洗う。

洗顔前には必ず手を洗い、清潔にするようにしましょう。手が汚れたまま洗顔をすると雑菌をつき、肌トラブルの原因になることがあります。

②ぬるま湯で顔を洗う

洗顔料で洗う前に、まずはぬるま湯で顔全体をすすぎます。ぬるま湯だけでも、汗やほこりなどを落とせるからです。ぬるま湯ですから毛穴を開かせるという役割もあります。こうすれば、洗顔料で洗った時に、汚れを落としやすくするという目的もあります。温度は30度~35度くらいが目安。温度が高すぎると必要な皮脂まで落としてしまい「乾燥肌」の原因になりますし、冷たい水では皮脂汚れが固まってしまいます。

③洗顔料をよく泡立てる

洗顔料をよく泡立てて、キメ細かな泡をたっぷりとつくりましょう。泡が肌と手の間のクッションの役割をはたし、やさしく洗うことができます。泡立たせるのが難しい場合は、泡立てネットを使用しましょう。

④泡を顔にのせてやさしく洗う

泡を顔にのせて洗っていきます。まず、皮脂の多さが気になるTゾーンから洗い始め、頰やアゴの辺りまで洗います。やさしく、なでるように泡を肌の上で転がします。そうすることと繊細に泡立てた泡が汚れを吸着してくれます。ここで気をつけることは、指が肌に直接触れないように気をつけ、あくまでも泡で洗うように意識することです。

⑤泡が残らないようにしっかりとすすぐ

顔全体を泡で洗い終えたら、泡が残らないようにぬるま湯ですすぎます。泡が少しでも残っていると、毛穴詰まりや肌荒れの原因となることがあります。20回~30回を目安にすすぎます。

⑥水気を拭き取る

すすぎが終わったら、清潔なタオルでやさしく押さえるように水気を拭き取ります。なお、洗顔に関してのNGは、皮脂が気になるからといってゴシゴシ力を入れて洗顔すること。こうすると、肌が傷ついて角質が厚くなり、毛穴詰まりの原因となります。

1日に何度も洗顔をすることもNG! 何度も顔を洗うと肌に必要な皮脂まで落としすぎてしまい、肌が乾燥してしまいます。乾燥すると肌がうるおいを保とうと余計皮脂を増やすようになるため、毛穴が目立つ原因となります。洗顔料を泡立てずに洗顔をすることもNG!

洗顔料を泡立てずに顔につけると、肌が傷つき毛穴が目立ってしまうことになります。冷たい水で洗顔をすることも、皮脂汚れは油分であるので固まってしまいます。落としきれなかった余分な皮脂は再度毛穴が拡げたり、毛穴の黒ずみなどにつながります。そういう意味でも、毛穴ヘアでは洗顔は大きな意味を持ちます。

洗顔料について

また毛穴の角栓には古い角質も混じっていているため、普通の洗顔料だけでは落ちにくい場合もあります。洗顔しても肌のザラつき感が取れないなと思った場合は、週に1~2回角質を分解できる酵素洗顔をするのもオススメです。(この場合も保湿ケアは必要です。)

男性向け洗顔料は、汚れや皮脂を吸着して洗い流してくれるタイプの洗顔料や余分な皮脂汚れをすっきり落としてくれる固形石鹸タイプなどがあります。

洗顔後はすぐ保湿!

洗顔後、放置しておくと肌は乾燥してしまいます。すぐ保湿に入ります。肌に水分や油分を与えて、うるおいを保つための「保湿」も、男性にとってもスキンケアの大切なポイントです。特に、毎日ヒゲそりを行ったり、素顔の状態で紫外線にさらされることの多い男性は、女性よりも肌に負担がかかっています。男性も保湿を行うことが大切です。

保湿の手順

①手のひらにあなたの体質にあった化粧水をとる

500円玉大ほどの量の化粧水を手にとり、両手のひらに広げて体温で温めます。こうすることで化粧水が肌になじみやすくなります。

②手のひらで顔全体を包むようになじませる

手のひらで顔を包みこむように、乾燥しやすいアゴや頰からつけ始め、鼻や額までまんべんなくなじませていきます。頬や額は手のひらで押さえるようにします。

③乳液を顔全体に広げる

乳液を顔に塗り広げていきます。皮脂のでやすい額や鼻はやや少なめにつけるのがポイント。乳液が肌にしっかりとなじむように、両手のひらで顔を包みこみます。化粧水のうるおいが逃げないうちに乳液でカバーしてあげましょう。

乳液はあなたの肌の状態にあわせて量を調節します。化粧水、乳液と何個も塗るのは面倒という男性には、メンズ用のオールインワンタイプの保湿アイテムを市販されています。オールインワンタイプの保湿アイテムとは「化粧水」「美容液」「乳液」などが1つになった化粧品です。刺激にならないような香料フリーや防腐剤フリーの製品も通販やドラッグストアなどで購入できます。

保湿の意義

毛穴の開きをはじめ毛穴に関する悩みを抱えている男性のなかには、肌がベタつくのを嫌って保湿をしていないという男性も多いでしょう。しかし、毛穴トラブルを改善するためにも保湿は大切です。

なぜなら、肌が乾燥すると、かえって皮脂が過剰分泌され毛穴を詰まらせ拡げてしまいます。また、余分な皮脂が毛穴に残っていると、その汚れと古い角質などが混ざり酸化して、毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。

毛穴を治す日頃の対策として食生活の改善も大事!

毛穴はそこから分泌する皮脂によって肌を保護する働きの他に、皮脂や汗と共に体内の老廃物を排出する機能があります。そのため、どんなに肌表面の環境を整えていても、食べ物や嗜好品など体内に取り込むものへの配慮がなければ、老廃物や余分な皮脂として排出され、結果的に毛穴を詰まらせ拡げてしまう原因となるのです。

そうなってしまわないよう脂肪分や刺激物、添加物などを多く含む食品や飲み物をとり過ぎないこと、タバコやアルコールの摂取は控えること、また同じものばかり摂取するという偏食をしないことも大切です。

その他の対応策としはストレスを溜めないこと!

過度なストレスが度重なってしまうと脳の働きがよくなくなり、ホルモンバランスや交感神経のコントロールがしづらくなります。結果、代謝機能や内臓機能の低下を招き、老廃物の排出が滞って、毛穴の詰まりや「毛穴の開き」などのトラブルの原因にもなります。

まとめ

こうしてみてくると毛穴トラブルへの対応策の近道は、正しい洗顔と保湿ということになるでしょう。男性はスキンケアそのものに慣れていないので、一つひとつのプロセスが面倒だと思いますが、放置しておくと毛穴の開きはひどくなって悩みは深くなります。

洗顔・保湿を1セットとし、生活習慣のなかに取り入れてしまいましょう。食生活や睡眠・ストレスなども併用して続けてターンオーバーを正常化していけば、きっと毛穴も目立たず、あなたも自信が持てる肌を手にすることができるでしょう。