男でもシミを取りたい!30代に突入した男の簡単シミ取り対策!

face_stains_care

男性でも、外目は気になります。責任ある世代になりビジネス上でも、「シミ」を取りたいと悩んでいる男性も多いことでしょう。シミは老けて見えてしまいますから、敬遠したい気持ちも理解できますよね。

シミの一番の原因も、紫外線と乾燥肌による肌のターンオーバーの乱れです。実際に、男性には保湿製品も日焼け止めもつけていない人が多いので、女性に比べても「シミ」ができやすい環境にあると言えるでしょう。簡単に取れるシミ取りは難しいですが、薄くする方法ならあります。ここではシミ取り対策と予防についてお伝えします。

紫外線がシミに与える影響

シミ探しの原因で一番のウェイトを占めるのは、やはり紫外線です。紫外線が肌にあたると、皮膚を守るためにメラニン色素が作られ肌を黒くするのです。

本来ならば、時間の経過とともに黒くなったメラニン色素は、はがれて新しい皮膚細胞と替わっていくはずなのですが、何かの原因で肌のターンオーバーのサイクルが変調したり余りに過剰なメラミンが作られてしまうと、皮膚の奥の方に沈殿してしまい、それがシミとなってしまいます。

多くのシミは、日光性黒子と呼ばれ、淡褐色から濃褐色の色素班で顔以外の露出した箇所に出てきます。

シミの天敵!紫外線を防御するための日焼け止め!

理論的には、シミとなった皮膚に残ったメラニン色素を排除すればいい訳ですが、一度沈潜してしまったシミを取るのは、そう容易なことではありません。一番てっとり早い対策は、原因となる紫外線に当たらないようにすることが対策の一歩です。

そうは言いながら、仕事に忙しいビジネスパースンはそんなことは言っていられませんから、まず対策としては紫外線の日焼け止めクリームを常時つけるということが予防であり対策となります。

UVクリームで防衛!

紫外線対策に最適なものは日焼け止めです。紫外線から肌をガードしてくれる成分が日焼けやコラーゲンの破壊を防いでくれます。朝起きて洗顔するのと同じくらい、日焼け止めを塗ることを習慣化してしまいましょう。

また、日焼け止めでSPFやPAという言葉をよく耳にすると思いますが、このSPFというのは、皮膚がんや肌を赤くするUV-Bという紫外線をどれくらいの時間ハネ返せるかということを表した数値のことです。

PAは、肌にシワやたるみを作るUV-Aという紫外線を防ぐ力のことです。3段階ある「+」では防ぐ力が表示されています。例えば、「PA+++」と表示されている日焼け止めはUV-Aを防ぐ力が一番強いということになります。

ただ、これは数値が高ければ高いほどいいというわけではありません。高いほど肌に負担がかかりますから、日常生活ならSPF値は15~20で十分との説もあります。メンズの日焼け止めも、たくさん種類が販売されていますので、あなたの肌質などと相談して商品の選択をしましょう。

「ビタミンC誘導体」やビタミン剤も有効!

ビタミンCで内側からシミを薄くする

シミを消す対処法としてはビタミンCが有効なのですが、「ビタミンC誘導体」はメラニンの生成を抑えて紫外線のダメージを軽減してくれます。単なるビタミンCよりも肌への浸透率が高いと言われているのでおすすめです。

また、ビタミン剤としては、LーシステインやビタミンC、ビタミンB5などが入ったビタミン剤も市販されています。即効性はありませんが、体の内側から徐々にシミを薄くしてくれます。Lーシステインが肝臓に働きかけて、それで肌をきれいにするというセオリーです。ただのビタミンCのサプリを飲むよりは、効果があるでしょう。

ハイドロキノン4%入りクリーム

男性の顔のシミにクリームとジェルで対策してくれます。オールインワン化粧品。化粧水や乳液やクリームが一つにまとまっているので男性には便利なシミ消し化粧品です。シミを消すオールインワンのジェルとして販売されています。

紫根の成分やプラセンタ、グリチルリチン酸ジカリウムが「シミ」に効くという定説。ワンタイプの「シミ」対策化粧品は簡単に使えるので、化粧品に慣れていない男性むきです。いろいろ種類があるので、あなたの体質にあったものを捜してみて下さい。

肌のターンオーバーの乱れはシミをつくる!

シミの原因の主要な原因は紫外線のA波ですが、それ以外に主要な原因は、やはり「ターンオーバー」の乱れです。さまざまな原因によって「ターンオーバー」が乱れると、角質と角質の間に隙間ができて肌の水分が蒸発します。

すると、肌の内部の乾燥が進み、肌細胞の生成も停滞してしまうため、メラニン色素が肌に残りやすくなってしまうのです。それがシミができる原因となります。紫外線の影響だけではなく、こうした肌の乾燥もシミの原因になるので乾燥肌を治すことが対策となります。

シミ対策も、他の肌トラブルと同様、適切な洗顔、適切な保湿、適切なシェービングなど基本的なことを怠らないことがシミ予防につながります。

ニキビ跡をケアしないとシミになる!

ニキビや蕁麻疹跡などが「シミ」として残ってしまうケースもあります。ニキビが跡になって残ってしまったものを放置しておくと、紫外線などの影響でニキビ跡が濃くをなってシミとなってしまうるケースもあります。

最初は、赤みを持ったシミができ、その後に色素が沈着して黒ずんだ色になってきます。シミ予防のためには、たかがニキビなどと思わずに、ニキビ跡を放置するとシミになるという意識を持ってビタミンC配合の化粧水や「ビタミン誘導体」などのサプリなどを飲んだり、食生活でも積極的にビタミンCをとりましょう。

また、肌をこすったりして角質層などが傷つくと、メラニン色素が沈着しやすくなってしまいます。肌は刺激を受ければ受けるほど、シミなどの原因になります。

食生活やストレスでも「シミ」になる!

食生活の乱れは血行不良をまねき、それは新陳代謝を悪くします。こうしたことも「シミ」の原因となります。また、栄養バランスに偏りがあると、「シミ」対策に必要な栄養素が不足してしまいます。

皮膚に必要な栄養素はビタミン類です。ビタミA、C、EそしてビタミンB2は皮膚細胞をつくるために必要なビタミンです。「シミ」を薄くするのにはビタミンCが有効です。メラミンを防ぐビタミンCは、野菜や果物などに豊富に含まれています。

特に、アーモンドなどのナッツ類は、ビタミンもポリフェノールも豊富です。ポリフェノールは抗酸化作用があり、肌の老化をストップする力もあります。こうした内側からのサポートが肌細胞を活性化するために有効です。ビタミンCを含めE、Aなどを日常的に食べ物から摂取していれば、「シミ」予防に役立つでしょう。「シミ」だけでなく肌全体の肌細胞を活性化し、肌トラブルにも有効です。

ストレスもシミになる!

また、強いストレスを受けることでホルモンバランスが崩れ、結果、色素細胞の活動が活発になりシミを増やすケースもあります。ストレスがたまると体を錆びさせる活性酸素の量も増えてしまうため、肌の老化が促進させシミができやすくなってしまうのです。

過剰なストレスはあなたが気がつかないうちにあなたの体調を狂わせ、肌の代謝にも関わって「シミ」まで増やします。たかがストレスと思いがちですが、ストレスは体調にまで影響を与えますから、ストレスを軽視せず精神を解放するような生活を過ごすよう意識することも、結果的には「シミ」対策になるでしょう。

睡眠不足によるシミ

就寝中も肌の修復は行われています。ホルモンの中でも細胞の生成を促す「成長ホルモン」は夜の10時~2時にもっとも盛んに分泌されます。そのため、この時間に睡眠をとっていることが肌細胞の生成にはとても大切です。ところが、睡眠不足が続くと就寝中の代謝がおろそかになってしまいます。

こうしたことが続くと、肌細胞の生成が停滞して「ターンオーバー」が遅くなります。そうなると、角質やメラニン色素が肌に残ったままはがれにくくなるため、色素が沈着してシミができやすくなります。睡眠不足もたかが睡眠不足などと思わずに、あなたの「シミ」のトラブルを避けるためにも質のいい睡眠を意識して取るようにしましょう。

夜の10時~2時は、肌のためのゴールデンタイムでもあります。シミに悩む男性は、こうした機会も生かしましょう。なにせ、お金もかかりませんし簡単です。若干早寝をするだけで、「シミ」予防になるのです。「シミ」だけでなく「ターンオーバー」を正常化してくれますから、他の肌トラブルも未然に防いでくれます。

皮膚科や美容系クリニックにいく!

短期間に気になる「シミ」を直したいあなたは、皮膚科でも「シミ」については相談にのってくれます。口コミでも保険適応でシミが薄くなる処方をしてくれたという声もあります。

しかし、それも「ターンオーバー」の軌道修正をしてくれるだけですから、「シミ」そのものを薄くしてくれるだけで完治するには長い時間がかかります。すぐ直したいならば、既に出来てしまって薄くならないシミは、美容クリニックでレーザー除去という方法もあります。

早いという意味では、レーザー治療が一番早いでしょう。費用は症状にあわせて1万円位からと言われますが、それぞれの美容クリニックで確認してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

紫外線が一番の「シミ」の原因でした。しかし、ニキビや蕁麻疹跡などが紫外線に晒されたりすることで「シミ」につながったり、睡眠不足で肌のターンオーバー機能をくずすと、メラミンが消去されないでシミとして残ってしまったりします。

一度できてしまったシミを取り除くことはなかなか難しいのが現実です。「シミ」を治す化粧品とか紹介もされていますが、それも単なる対処法でありシミを完全に取り除くことは難しいでしょう。

シミを作らないための対策は、肌が乾燥しないように正しい洗顔、正しい保湿、そしてまめなUVカットをすることなどに尽きるのでないでしょうか。結局、日常生活を丁寧に暮らすことが、「シミ」対策の一番の近道なのです。