顔のたるみをとる方法。見だしなみにこだわる男性必見!

まだおれは若いと思っていても、ふと自分の顔を鏡でじっくりみたときに「老けたな〜」と感じることはありませんか?また、つい最近だと思っていた写真を見たら、実際は3〜4年前の写真で自分の顔の変化にショックを受けることありますよね。

とくに、外見には以前から気をつかっていて「おれはまだイケてる!」と思っていた男性ほど、ショックの振り幅は大きいものでしょう。(私もそうでした…)自分の顔が老けて見える最大の原因は、「たるみ」によるものです。加齢や乾燥、紫外線など、男性のたるみの原因はさまざまあります。乾燥が原因のたるみは比較的に症状が軽いのでいいですが、本格的に対策が必要なのは、加齢による「肌老化」や、紫外線による「光老化」が原因のたるみです。

この記事では、身だしなみこだわる男性のために、簡単にできるなたるみ対策を分かりやすくお伝えします!

男性のたるみの症状は知らないうちに襲いかかってくる!

たるみの症状は、早い人は30代に突入してから現れますが、基本40代からいちじるしく現れはじめます。老化は、加齢や紫外線の影響で、真皮のコラーゲンやエスラチンが劣化することによって起こります。肌が水分やハリを失って硬くなると、表皮が重力に逆らえなくなり、たるみが発生します。

また、折りたたまれた肌が慢性化してもとに戻らなくなり、深いシワとなって残ってしまうのです!そして、たるみには2つの種類があります。自分がどちらに該当するのか確認してみてください。

たるみの種類

涙袋(目の下のたるみ)

■特徴と原因
下まぶたの皮膚がぶくっと膨らんだようになって涙袋を作ります。原因は、コラーゲン減少と、目のまわりの筋肉が哀えてたるみます。涙袋は目の下に影を作ってしますので、暗く沈んだような表情に見えがちになってしまいます。

法令線(頬の横辺りのたるみ)

■特徴と原因
法令線は、小鼻から口の両端に向かって伸びる線のことで、ほおの皮膚がたるむことによってできます。初期症状は、小鼻の横にたるみ毛穴ができ、それが徐々に進行して法令線になっていきます。

たるみ改善はターンオーバー促進と化粧品が選びが最大の鍵!

たるみやシワを予防するためには、肌老化の原因と効果的なケアを知って、早めにエイジングケアを行うことが大切です!肌のたるみやシワは、真皮のコラーゲンが劣化・減少することで起こります。

つまり、これらを食い止めることができれば、たるみ・シワなどの肌老化は予防することができるのです!

真皮のコラーゲン劣化・減少を食い止める!

真皮のコラーゲン劣化・減少を食い止める方法は、ターンオーバーを促進することです!

ターンオーバーを促進する方法として、ピーリングという方法があります。ピーリングを行うと、ターンオーバーが促進され、肌の代謝を高めコラーゲン量を増やすことができるのです!

ピーリングとは、古い角質を薬剤で人工的にはがし、肌代謝を促進する方法で、もともとは皮膚科でシミやシワなどの治療として行われていたものです。

近年では注目が高まり、自宅できる製品販売され手軽にできるようになりました。しかし、やりすぎは肌のバリア機能を弱めるので逆効果です。2週間に1回程度行なうようにしましょう!

化粧品選びが鍵を握る!

真皮のコラーゲンが劣化・減少を食い止めるには、化粧品選びが非常に重要です!アンチエイジング成分プラセンタ配合の化粧水や、レチノール配合の化粧水やコラーゲン合成に不可欠なビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぶのがおすすめです!

特にプラセンタには肌が本来持つ再生・修復能力を目覚めさせる効果があり、崩れたターンオーバーの周期を整え、適切な状態に取り戻す漢方薬のような働きを持っています!

hahanoshizuku_img プラセンタ配合の化粧水 母の滴シルバーエッセンス
母の滴シルバーエッセンスは、男性用の化粧水では珍しい
シワやシミなどの肌老化を予防するアンチエイジング化粧品
公式サイトで確認する
→ シルバーエッセンスのレビューはこちら

 

男性のたるみ対策のまとめ!

肌老化対策のアンチエイジングは、早いうちから行っていく方がいいです。なぜかというと、アンチエイジングは、出来たしまった「たるみ」や「シワ」を治すということではなく、これから起こる肌老化を予防するということだからです。なので、たるみやシワが出来てしまってからでは手遅れとなってしまいます。

すでに出来てしまった深いたるみやシワは、皮膚科に行って治療してもらうことをおすすめします。まだ、浅くこれから深くなっていきそうだと感じている人は、早いうちにたるみ・シワなどの肌老化対策をやってみる方がいいでしょう!
アンチエイジングは、治すということではないと言いましたが、すでにたるみやシワが出来ってしまっている人でも対策するのとしないのでは、これから先が変わってくるので、諦めずに対策を行ってみましょう!